« msconfigでwindowsの起動時の設定を変える。設定によっては起動できなくなることもある。 | トップページ | Cドライブなどドライブのプロパティでディクスのクリーンアップで容量を増やして遅い動作を早くする »

Microsoft Office Outlookのメールアカウント情報の保存場所

Microsoft Office Outlookのメールアカウント情報の保存場所

Microsoft Office Outlook > ツール >
 アカウント設定 > 電子メール
のPOPやSMTPなどの自分のメールアドレスの設定を
他のパソコン等に移動する方法は、

レジストリ
(C:\Windows\regedit.exe(ファイル名を指定して実行でregeditでも可))を
実行して
コンピュータ\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft
\Windows NT\CurrentVersion\Windows Messaging Subsystem
\Profiles\Outlook\(ランダムな16進数)に

Microsoft Office Outlookの
メールアカウント情報が保存されているので、
その(ランダムな16進数)を選択して
ファイル > エクスポートで好きな場所に保存して

その保存したファイル(ファイル名.reg)を
Microsoft Office Outlookがインストールされている
他のパソコンで
Microsoft Office Outlookが実行されていない状態で
レジストリ
(C:\Windows\regedit.exe(ファイル名を指定して実行でregeditでも可))を
実行して
ファイル > インポートを実行する。

そして、Microsoft Office Outlookを実行して
ツール > アカウント設定 > 電子メールを見てみると
設定されていたメールアドレスの情報が載っているかと思います。
パスワードは移動出来ていないと思いますので再度入力して下さい。

.

.

クーポンとモニターのキャッシュバック総合サイト 比較一覧
Kupon_2

« msconfigでwindowsの起動時の設定を変える。設定によっては起動できなくなることもある。 | トップページ | Cドライブなどドライブのプロパティでディクスのクリーンアップで容量を増やして遅い動作を早くする »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft Office Outlookのメールアカウント情報の保存場所:

« msconfigでwindowsの起動時の設定を変える。設定によっては起動できなくなることもある。 | トップページ | Cドライブなどドライブのプロパティでディクスのクリーンアップで容量を増やして遅い動作を早くする »

 

無料ブログはココログ